ランドマークワールドワイド ブレークスルーテクノロジーへの参加を迷っている方へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランドマークエデュケーションの成果を分かち合っている記事

アメリカで有名なビジネス雑誌に一企業がランドマークエデュケーション・ブレークスルーテクノロジーコースから得た成果を分かち合っています。
世界中で提供されているこの教育がこうやって成果として発表されるのは嬉しいことです。
パンダエクスプレスはアメリカのフードコートによく出店していますね。

PANDA_convert_20110304171627.jpg

以下記事の抜粋より。

Bloomberg Businessweek の記事より抜粋

パンダレストラングループ(PRG)は、アジア料理レストランをチェーン展開し、年間売上高は1.4億ドル、店舗数は1350軒にのぼる。

設立者・社長であるアンドリュー・チェン氏(62歳)は、パンダの成功の秘訣は「自分を磨くことへの継続的なコミットメントである」と言う。つまり「社員の前においても、正直かつオープンにプライベートやビジネスの失敗を話す」ということだそうだ。

近頃、チェン氏はランドマークエデュケーションのランドマークフォーラム(ブレークスルーテクノロジーコース)に情熱を傾けている。
 
パンダレストラングループ(PRG)によると、ランドマークは人間関係からビジネスパフォーマンスまで、すべてを向上させてくれると言う。

ランドマークに10年ほど参加しているチェン氏は言う。
「ランドマークは人類に恩恵を与えていると思います。明日パンダを辞める従業員にもランドマークに参加して欲しいと思います」

71名の現マネジャーは全員がフォーラム(ブレークスルーテクノロジーコース)を完了し、その多くがアドバンスコースやコミュニケーションコースにも参加している。

チェン氏は、ランドマークから学んだことにならって会社の会議を運営する。マネジャーたちが、それぞれの痛みや悲しみ、喜びや満足を分かち合うところを、部屋の後ろで心を開いて深く聞くことに専念しているのだ。

チェン氏はまた、「個人の成長・発展」に焦点を合わせることをためらわない。 2003年以前は作業ベースに重きを置いていたが、現在は「パンダのマネジャーになりたいのなら、積極的に継続的な学習にコミットしている人間でなくてはならない」と言う。

さらに、企業の成長とは専門的なことよりも、より個人的なことだと捉えている。

チェン氏は目標の到達への手段は、より良いサービス、より優れた取り組み、より望ましい環境と確信している。
「このすべてに、人との触れ合いが要求されます。 そして、これらすべてにランドマークからの恩恵があります。投資収益率は忘れていい、このことは途方もなく大きな社会全体への貢献なのです」


ブレークスルーテクノロジーコースで提供している教育・テクノロジーはあらゆる文化を超えて、この地球上の多くの人や企業に大きな成果と生きる上での喜びを提供しています
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。