ランドマークエデュケーション ブレークスルーテクノロジーへの参加を迷っている方へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランドマークエデュケーションの教育から学んだこと。1

ランドマークエデュケーションの教育から学んだことで人生に確実に実を結んでいることを整理しながら書いてみようと思います。
コースの内容は書くことができないのであくまでも個人的に発見したこと、学んだことを書きます。

具体的な成果は山ほどあります。

会社の業績が3年前と比べて約2倍になったこと。
社員とのコミュニケーションがスムーズになってストレスがなくなったこと。
イライラしなくなったこと。
苦手な人がほとんどいなくなったこと。
クライアントに対して率直に提案できて、契約までの時間が短くなったこと。
母を心から尊敬できてそれを表現できるようになったこと。
妻と何でも話せる力づけあえるパートナーになったこと。
子供が「愛してる。」と言ってくれて、妻だけでなく私にもいろいろ相談してくれるようになったこと。
お酒の量が格段に減ったこと。
人前で話す時に緊張がなくなった。

など、など書いているといくらでもでてきます。

ここから先はこれらの成果の基にどんな視点のシフトがあったかを考えて書いてみようと思います。

コミュニケーションについて。

コースに参加をする前、私にとってコミュニケーションは相手を納得させるため、理解させるため、自分の言い分を通すためなどに自動的に重きが置かれていたように思います。特に社員がミスをした時などはその社員にたいしてどうしても一方的に攻める口調になってしまう傾向がありました。

コースに参加をしてそれはコミュニケーションとは決して言えないことが明確になりました。相手がいて相手の意見があって、相手の思いがあって初めてコミュニケーションが成り立つにもかかわらず、私は相手のことを全くといっていいほど見ていなかったと思います。
それによって真剣にコミュニケーションすることは疲れるし、面倒くさいことにもなっていました。

私はコースで「相手の世界に立ち、相手を聞く。」ということを得ました。
私は自分にとって正しいこと、を主張するのではなく、相手の世界を本当に聞くことによって初めて相手のための言葉が自然と湧き出てくることに気づきました。
現在、社員とのコミュニケーションは信じられないくらいスムーズで、伝えたいことが伝いたいように伝わるようになりました。そして会話することのストレスはまったくなくなり、コミュニケーションすることの楽しさを実感しています。

聞くことの大切さは以前からいやというほど知っていました。いろいろな本に当たり前のように書いてあります。しかしそれが実際に出来ているなと実感できるようになったのがコースに参加した成果だと思っています。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。