ランドマークエデュケーション ブレークスルーテクノロジーへの参加を迷っている方へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランドマークエデュケーションに招待する時、される時に。

招待する時に。
コースに参加した方ならランドマークエデュケーションに無理やり勧誘しようとは思わないでしょう。
ですから、どんなに参加して欲しくても、やるかやらないかは全く自由で、勧誘を断っても人間関係になんの影響もないことを明確に伝えたいです。

価値があると思ったことを人に貢献しようと思うことは悪いことではないと思いますし、人に対してもう少しだけおせっかいになることも、今の社会においては必要なことのように思います。

けれど、傲慢にならずに、相手の方が嫌な気持ちになったり、プレッシャーを感じないように伝えられるようにしていきたいです。
そしていつでも相手の選んだ答えをそのままに受け止めることも大切だと思います。

招待される時に。
やるかやらないかはまったくの自由です。
もし、紹介者が強力で無理強いされて仕方なく申し込んでしまったなら、それを正直にランドマークエデュケーションの担当者に相談することを進めます。参加を止めるか、または自分のために参加するか、どちらでも自由に選べるようにサポートしてくれるはずです。もしサポートしてくれなかったら参加は止めたほうがいいです。

紹介してくれた方を洗脳されている馬鹿な人のように決め付けることは決してよくないです。
その方は自分のもっている知恵と真心の限りをつくして言っていると思います。
そして、本当に大切な人に、何かを提供したくて招待していると思います。
やりたくなければ、コースはやらなくてもいいのです、けれどその人間関係は互いに大事にして欲しいです。

ランドマークエデュケーションの方へ。
ランドマークの関係者が読むことを期待して。

私が参加していた間に本当に沢山の人と出会いました。おそらく300人近い人と出会ったと思います、まじめな人、面白い人、ちょっと変わった人、年齢、職業、様々でした。

そして別に人格が良くなるとか、改善されるコースではないのであたりまえですが、中にはごく少数ですがいろいろな意味で?と思う人がいたのも確かです。

誰でもが参加できる教育の場であり、特に相手は大人ですからいろいろな人がいるのは当たり前で制限するのも難しいと思います。
しかしより健全に提供されるためには、参加に関する規定をもっと明確にしたほうがいいように思えることが幾度かありました。

せっかく素晴らしいものを提供していても、批判が多くなると人が参加するのが難しくなります。
どうしたら批判をなくすことができるのかわかりませんが、そのことに対する真摯な姿勢と努力を期待します。

私はコンサル会社関係の人や今はやりのコーチング関係の人また研修を提供している大手企業などに多数友人がいますが、誰にコースを紹介してもランドマークエデュケーションで提供しているテクノロジーの効果性や質の高さに感心しています。

年間の参加者数からすると僅かかもしれませんが、誤解や苦情がまったくなくなるよう、より一層の企業努力をぜひお願いします。
そして提供されているプログラムの本来の素晴らしさが誰にでもきちんと伝わるような工夫を期待します。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。