ランドマークエデュケーション ブレークスルーテクノロジーへの参加を迷っている方へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランドマークエデュケーションの教育から学んだこと。1

ランドマークエデュケーションの教育から学んだことで人生に確実に実を結んでいることを整理しながら書いてみようと思います。
コースの内容は書くことができないのであくまでも個人的に発見したこと、学んだことを書きます。

具体的な成果は山ほどあります。

会社の業績が3年前と比べて約2倍になったこと。
社員とのコミュニケーションがスムーズになってストレスがなくなったこと。
イライラしなくなったこと。
苦手な人がほとんどいなくなったこと。
クライアントに対して率直に提案できて、契約までの時間が短くなったこと。
母を心から尊敬できてそれを表現できるようになったこと。
妻と何でも話せる力づけあえるパートナーになったこと。
子供が「愛してる。」と言ってくれて、妻だけでなく私にもいろいろ相談してくれるようになったこと。
お酒の量が格段に減ったこと。
人前で話す時に緊張がなくなった。

など、など書いているといくらでもでてきます。

ここから先はこれらの成果の基にどんな視点のシフトがあったかを考えて書いてみようと思います。

コミュニケーションについて。

コースに参加をする前、私にとってコミュニケーションは相手を納得させるため、理解させるため、自分の言い分を通すためなどに自動的に重きが置かれていたように思います。特に社員がミスをした時などはその社員にたいしてどうしても一方的に攻める口調になってしまう傾向がありました。

コースに参加をしてそれはコミュニケーションとは決して言えないことが明確になりました。相手がいて相手の意見があって、相手の思いがあって初めてコミュニケーションが成り立つにもかかわらず、私は相手のことを全くといっていいほど見ていなかったと思います。
それによって真剣にコミュニケーションすることは疲れるし、面倒くさいことにもなっていました。

私はコースで「相手の世界に立ち、相手を聞く。」ということを得ました。
私は自分にとって正しいこと、を主張するのではなく、相手の世界を本当に聞くことによって初めて相手のための言葉が自然と湧き出てくることに気づきました。
現在、社員とのコミュニケーションは信じられないくらいスムーズで、伝えたいことが伝いたいように伝わるようになりました。そして会話することのストレスはまったくなくなり、コミュニケーションすることの楽しさを実感しています。

聞くことの大切さは以前からいやというほど知っていました。いろいろな本に当たり前のように書いてあります。しかしそれが実際に出来ているなと実感できるようになったのがコースに参加した成果だと思っています。

スポンサーサイト

ランドマークエデュケーション 成果の投稿募集

コースの参加を迷っている方の参考になるよう。
ブレークスルーテクノロジーコースに実際に参加された方でコースからどんな成果をつくったか投稿を募集中です。

投稿された方全員分を載せられないかもしれませんが、なるべく多くの方からの投稿をお待ちしています。

私も気がついていることですが、コースの成果を書くことで復習にもなります。
また自分以外の人がつくっている成果を聞くことで自分の人生にも活かせるヒントをもらえます。

協力してくれる方は以下の内容でコメントから投稿してください。
コースに参加していない方に解りやすく簡潔に書いてもらえると嬉しいです。

1.年齢 性別 職業 住んでいるところ(東京、名古屋、博多、札幌など。)
2.いつ参加しましたか?(例) 2006年 3月
3.どこで参加しましたか?(例)東京 
4.どんな目的のために参加をしたのか、実際に参加して具体的にどんな成果があったか?
  など簡単に書いてください。
           
  投稿お待ちしています。

「新しい視点」「新しいアイデア」「新しい手法」

ランドマークエデュケーションのコースで言っていることは真実でも信じるものでもなく、今以上の成果を人生につくるための新しい視点、新しいアイデア、新しい手法です。

著名な学者や、専門家の先生の講演会に何度か足を運んだことがあります。毎回話は興味深くその方々の知恵や経験に関心しました。

ランドマークエデュケーションでは、リードする人はいたって普通の人です。(少し熱心な学校の先生みたいな感じ?)

でもそこで学んだ手法は試せば試すほど、今までなかった成果に繋がっていくのも確かです。

プログラムから学ぶ新しい視点や新しいアイデアは、自分で試してみて、役立つものは採用し、役立たないと判断したら採用しなければいいだけです

いつでも疑いを持ち続けることは健全なことです。
コースでは「これが正しいこと、これは間違っている、これを信じなさい。」などとは言いませんし、もし言われていたら私はその場で帰ったでしょう。

疑いを持ちながらも試してみて、実際に出てくる結果が、自分にとって価値があるか、役立つかどうかを自分で判断することが大事だと思います。

休憩 (新しい世界の広がり。)

AUT_1505_convert_20080424013538.jpg
ブレークスルーテクノロジーコースに参加をしてから、感動できる瞬間が多くなったように思います。子供と遊んでいても、仕事をしていても、景色を見ていても。
以前はいつも頭の中で次のこと、明日のこと、来月のことと考えて、今その瞬間を充分に味わっていなかったように思うし、それこそ感動するなんてことは滅多になかったように思います。
目の前の当たり前の出来事や光景に感動し喜びを伝え合えるのは確かに幸せなことです。

ランドマークエデュケーションで学ぶテクノロジーに関して。

ランドマークエデュケーションで学ぶテクノロジーとは?

先日本屋に行ってきました。
まず目に付くのは、新刊コーナーそしてビジネス書コーナーです。
ビジネス書コーナーには経営戦略や、社員の育て方からクビの仕方、経理的思考、スキルアップ、コーチング、営業のスキル、いかに生きるか、幸せについて、富裕層になるため、著名人の人生経験、様々な本が次から次へと出版され置かれています。

私も以前、論語から現代ビジネス書まで多くの本を読みました。
今でも興味のある分野の本は読んでいます。
先人の知恵は真理をついているようで興味深く、自分の視野を広めていくにも役立ちますし、物事の考え方にもいい影響を与えてくれます。
そんな本が山ほどあるので、本屋に行き目当ての本を読み探していると、あっという間に1,2時間経ってしまいます。

ランドマークで言っていることを知識としてみたら、本屋に行って本を買って読んだ方がよっぽど興味深く価値のある知識を得ることができます。

ですから、ランドマークエデュケーションは新たな知識を得るところではないのです。

実際の人生で重要なことは何かというと、得た知識がいざその瞬間、必要な場面で行動の中に活かされるかどうかです。必要な会話がその瞬間にできるかどうかが大切だと思います。

妻が話しかけてきた瞬間に見たい番組を見るのを止め、妻の言うことに心から耳を傾けられるか?
社員が同じ失敗を繰り返した時に、イライラせず、効果的に成長できるよう会話ができるか?
子供がテレビゲームばかりして、何度言っても勉強をしないときに心穏やかに子供の目線で会話ができるか?
クライアントとの交渉が難航したときにリスクをとって一歩踏み出し、必要な提案ができるか?

それが必要なその瞬間、瞬間の中に本当に必要なことを表現できるようになるためには、あるレベルの知識は必要ですが、それだけでは明らかに不充分です。
解ってはいるけれど実際に行動するのが難しいということはたくさんあります。
では知識だけではなく、何がその瞬間の行動に影響をあたえてくれるのか?

ランドマークで学ぶテクノロジーに価値があると思うのは、単に知識を得ることで終るのではなく、その瞬間の行動に影響を与えるためのテクノロジーを学ぶことができるからです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。