ランドマークエデュケーション ブレークスルーテクノロジーへの参加を迷っている方へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランドマークエデュケーションのブレークスルーテクノロジーコース

ランドマークデュケーションのブレークスルーテクノロジーコースからの成果

2010年10月のコースに新たに友人が参加をしました。
私の取引先でもあり会社を経営していて普段からとてもパワフルな友人です。

すごい成果をすでに得ていると、とても嬉しい報告がありました。
部下をどう力づけたら良いか、新たな視点が見えたこと。
家族ともっともっと深くコミュニケーションできる可能性を掴んだこと。
それが仕事にパワーをくれると分ったこと。
実際に奥様と会話して愛情が深まったのを体験したこと。など

人が人生に新しい可能性を見出し、それを実現するパワーを得ることは本当に嬉しいことです。
そういう経営者で溢れたら不景気もどんどん回復していくでしょう。


話は変わりますが、今だにネット上でランドマークエデュケーションに関する誹謗中傷が見受けられます。

そういう記事を見る度に、真実を見ることなく勝手な解釈で本当に良いものを否定されることに悲しさを感じます。

多くの常識のある大人が参加をしてこのコースの価値を認めています。

私も周りでも、10名近い経営者や知り合いの医師、弁護士、社員や友人など多くの人が参加しています。参加する前は少なからず疑いを持っていた人もいましたが、実際に参加をして本当にすごい価値のあるコースだと誰もが承認しています。

参加をすればすぐ理解できますがコースは決してあやしげなものとはほど遠い知的な探求と勉強の場です。

誰が何を言おうと自由ですが、自分の知らないものに対してただ攻撃するような幼稚な書き込みには責任のなさを感じます。

身の回りの物事に対してどんな解釈をするのも確かに自由ですが、絶対に正しい解釈というものはありません。
これが正しいと信じ込むことは他の見方をする自由が奪われます。

ですからランドマークエデュケーションでは決して「これが正しいことだ」などと何かを押しつけることは決してしません。だからこそ自由に学び、自分に役立つものだけを選び、人生に活かせるのです。

無理強いするような勧誘もありません。すべて自由な選択です。

紹介する人はただ本当にすごいコースだからやって欲しいだけです。
一部のブログに書いてあるような紹介料などは一切ありません。あるはずがありません。

人を大事にすること、愛すること、人と本当にコミュニケーションをとることを学びます。
分別のある人であればこのコースをあやしいものなどと決して言うはずがありません。

ランドマークは人を囲い込もうなんて働きかけません。
勧誘活動を強要したりしません。
そんな犯罪めいたことをしてどうして20年以上も立派に経営をしていけるでしょう。
年間に何千人も参加し得るでしょう。

切に願うことは

くだらない誹謗中傷に惑わされないで欲しい。
乱れ飛ぶ情報を賢く吟味して欲しい。
そして誰が書いたかもわからない情報よりも、実際に参加をした人の言葉に真剣に耳を傾けて欲しい。

私は心からそう願います。
参加をした多くの友人のためにも。
そしてこれから参加をする人のためにも。

私の子供も参加したティーンズコースのサイトです。
子供たちの作っている成果も素晴らしいです。
http://family.possibility-jp.com/

スポンサーサイト

ランドマークエデュケーション 友人たちの成果

先月、数人の友人がランドマークエデュケーションのブレークスルーテクノロジーコースに参加をしました。

すでにたくさんの成果を創っているのを聞いてあらためてコースの価値を実感しました。
私はランドマークのプログラムにはしばらく参加をしていないのですが、参加したばかりの人と会話することによって新たな発見がありそれが自らの成果にもつながっています。

ブレークスルーテクノロジーコースも進化しているようで私の時とは少し違うことも学んでいるようでした。
顧客ケアーや顧客対応もより工夫がされているようです。

真に新しいことを学ぶことや自分自身の成長、自己の拡大に興味のある方は参加をされたらコースの価値を充分に感じられると思います。

受講された方がたくさんの成果を創ることによってランドマークエデュケーションやブレークスルーテクノロジーコースへの肯定的な認識が高まることを強く望みます。

コースの内容は本物の価値があります。

ランドマークエデュケーションの教育と価値。

私はランドマークエデュケーションの教育が人にとって価値があることを認めています。
ですから少数の人たちによって内容をゆがめられ公表されることを悲しく感じます。

理解を超えるものだからといって、真実を知るわけでもなく、自分達の意見や評価のみが正しいと強く思いこみ、その意見を信じさせるような強烈で巧みな言葉を使い、個人や法人をインターネット上で誹謗、中傷し、実際に多くの人を傷つけ、被害をあたえるような行為をしてもいいのでしょうか?

現状では何を表現しようと名前も素性も公表しなくていいのです。
それを盾ににすき放題やることは心無い行為だと私は思います。

様々な考えや意見が公表されることは歓迎すべきことです。
しかし読み手が自ら考えられる余地を残すような表現にする配慮も必要なのではないでしょうか。

私達日本人は特に自分で吟味し考えるよりも周りの意見に流される傾向があります。
インターネットの普及と同時にそこに公表されている情報への接し方にもっと成熟していくことも必要なのだと思います。

テクノロジーだけが先行し、人として大切なことを忘れてはいけないと思います。
日本人として人を細やかに気遣ったり、思いやりを持ったり、相手の気持ちを慮ったり。
他人を批判する前に謙虚に自分を省みることがとても大切なように思います。

自分のために参加した人はわかると思いますが、ランドマークエデュケーションのブレークスルーテクノロジーコースは人として大切なことは何かを学び体験できる貴重な教育だと私は思います。


ランドマークエデュケーションの教育から学んだこと。19

自分自身を知ること。

ランドマークエデュケーションのブレークスルーテクノロジーコースに参加することは人間として自分自身を知ることができるとても素晴らしい機会だと思います。

何に取り組んでいるのであれ、よりよい人生を行き行く上で自分のことを深く知れば知るほど物事に対する効果性や生産性は高まります。

自分のことは見えているようで本当に見えていないものです。特に無意識のレベルでどんなことに振り回されているのか。そしてどんな可能性を秘めているのか?

解ってはいてもできなかったり、同じことを繰り返したり、こっちがいいと知りつつ違うほうを選んだり、怠けてはいけないと知りつつ行動できなかったり、頑固になったり、自分自身を扱うのは大変なことです。
しかし自分をより知ることによって自分自身ともより効果的に関わることができるよになり、人とも効果的に関われるようになります。

自分を知るということは同時に自分自身の未知の可能性を知ることでもあります。
自分という存在があらゆる可能性を秘めているということを知識ではなく、実感でき、それを表現する技能を学ぶことができるのもランドマークエデュケーションの教育の大きな価値だと思います。

ランドマークエデュケーションの教育から学んだこと。18

タイガーウッズのお父さんはある雑誌のインタビュー記事でランドマークエデュケーションのトランスフォメーションのテクノロジーを受け、大きな違いをつくったことを語っています。

そしてそこで学んだことが、父という器としてタイガーウッズである息子に大きな影響を与えたことも記事を読むと解ります。

私もつき合い程度ですが時々ゴルフをします。そして明らかなことは確かにランドマークのテクノロジーはスポーツにも向いています。

というよりランドマークで学ぶことは知識を得ることよりもスポーツの技能を身につけることに近いと思います。

特にあせりや動揺といったスポーツには天敵になるような自分の反応も、コースで学んだことからそれらのあせりや動揺、緊張に振り回されるのではなく、それを脇に置き、自分は自由に、そして集中して行動できるようになりました。

それによってゴルフのスコアーも多少良くなりました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。